История усадьбы
Кухня усадьбы
Сад усадьбы
Особняк
Все для молодоженов
Счётчик
История усадьбы

Вавилово
История усадьбы
バビロボ屋敷は、昔のロシアのもてなしの伝統を代表しています。 ウラジオストク中心部から25キロぐらい離れたわずかの敷地に於いて、バビロボ屋敷のオーナーが力を尽くして、お客様が昔のロシアに移されたと思うほど魅力に溢れた庭園と屋敷を創造しました。きれいで甘い空気、春から秋まで豊富な花及び素晴らしいアムール湾の景色がバボロボの特徴です。
1934年、沿海地方に移動した大きな家族が半ば崩壊していた中国風の木造の家と土地1ヘクタールを与えられました。家をリノベーションして、そこに、夫婦、おばあさん、娘2人と息子4人、9人家族が住むようになりました。一番上の娘は10歳にすぎなかったです。苦労しながら生活をしているうちに、時間が経って、子供たちは成長してきました。お父さんは大学を卒業して、建築技師になりました。しかし、土地を愛して、生まれ育ったポーランドで子供と青年の時に楽しんでいた庭園を忘れられないで、この沿海地方にもポーランドほど素晴らしくて、魅力的な庭園を造るという夢を持つようになりました。
1945年に上の娘が戦争から帰ってきた若い将校と結婚して、ハバロフスクに引越ししました。そこで、1946年に上の娘、1948年に2番目の娘が生まれました。1949年に若い家族はペトロパヴロフスク・カムチャーツキーに引越ししましたが、子供たちは毎年の夏をおばあさんが住んでいたバビロボ、美しい庭園、花、あっちこっち飛んでいるチョウと鳥の声の中で過ごしました。バビロボ屋敷の持ち主バビロバ・タマーラさんは次のようなことを思い出しました。「お父さんは自分の世代と同じように、共産党のメンバーで、共産党のアイデアを心から信じていて、無神論者でした。しかし、おばあさんはロシア正教の信者で、お父さんがいない時に、私と妹に神様と天国の話しをしました。天国はなんと気持ちよくて、美しくて、不思議の花と木があるところだと言っていました。我々は、天国は我々の庭園のようなところだと思っていました。おばあさんも同意していたようです」。
1951年、夫婦の努力によって、古い家の変わりに新しいのが建設されました。部屋3つ、キッチンとベランダがあって、その当時に結構広いと思われるような家でした。ところが、1955年に3番目の娘が生まれ、家が狭くなりました。そして、上の姉妹2人が住むようになったもう一つの部屋ともう一つのベランダが建てられました。
不思議に、おじいさんが何年も前に植えた極東地域に珍しい木と潅木の苗木からできた庭園は成長してきて、梨、りんご、梅、ベリーが信じられないほど多く採れるようになりました。おばあさんが植えた花も、有名になって、他の地区から見にきた人もいました。現在でも、1935年に植えられた木の一部が生きていて、60本の立派なボタンの中にもおばあさんのボタンがあります。
На главную
Вести усадьбы
Расположение усадьбы
Мероприятия усадьбы
Наши гости
Русская версия
English Version